私の好きな画材

HOME» 私の好きな画材 »私の好きな画材

私の好きな画材

私の好きな画材

会員の皆さんは長年の研鑽の結果、使用する画材や日頃の制作こころがけについて
いろいろご意見をお持ちです。
その蘊蓄の一端を公開していただきました。水彩画勉強の参考になるかも。


秋山信夫

◆絵具
 ターレンス固形  24色+α
 ニュートン固形  24色+α パレット付
 ※コンパクト軽量で透明感あり

◆筆
 ラファエロ  10~12号
 ピカビア   10~12号
 ※適度な腰と保水のバランスが良い

◆ペン(ペン彩の場合)
 パイロット ピグメント  0.8、0.5

◆画用紙
 モンバルキャンソン    300g
 ※淡彩に適す
  ペンの走り、強弱の表現に適す

五十嵐吉彦

◆紙
Strathmore、Langtonを主に使用(中目主体)。尚、場合によってはLangton Prestige、又はAvalonを使用

◆絵の具
Daler Rowney Windsor&Newton

◆筆
日本画用・水彩画用の隈取筆

牛山政直

◆私の場合、ラフスケッチは色鉛筆を使います。
彩色は透明水彩絵具で、ペリカンの固形タイプガ持ち運びに便利なので愛用しています。
パレットは色相別に2つに分けて使います。デッサン段階でパステルを使うこともあります。


太田久勝

<デッサン用描画材>
◆紙
初心者の方に紙はなにをと問われることが多いですが、私は描く対象や画材によって異なるのでいろいろ使って見て自分の紙を決めた方が良いともうしますが、次の種類をお勧めしています
私が愛用する紙の一つに「オリオン SU-F4 ソフトウーブ紙 特厚口(200g) 18枚綴じ 中目 1575円」があります。サイズはF0,SM,F3、F4,F6,F8
私が好んで描く日本の風景を表現するのに、紙肌の凹凸面が繊細でざらざら感も少なくマッチしています。鉛筆の乗り、彩色の筆の滑りも適当です。ただ私は淡彩風なので塗り込んだ時の状況は不明です。

◆筆記具
私用する筆記用具は,「サクラ・スケッチペン」「プラチナ・デスクペン」[LYRA・REMBRANT カーボンペンシル 308-1」「ペンテル・マーカーペンシル2B」を使い分けています
LYRA グラファイト 水性クレヨン 6Bと9Bの2種類

◆詳細はプロフィール記載のHPの中の「画材情報」参照


久納隆司

『私の愛用している画材』

◆スケッチブック
ストラスモア・インペリアル中性紙300g及びファブリアーノ荒目300g、特にストラスモアは紙の白さが優れ、発色の良さと適度の吸いこみに加え、表面が強く、波打ちが少ない点が良い。

◆絵の具
ディーラーラウニーを主流に、シュミンケを補充している。屋外スケッチではあるがパレットは出来るだけ大きくしている。

◆筆・ペン
ペン彩画を描くためにスケッチにはピグマまたはステドラー(水性・耐水性)0.5mを使用している。筆は屋外でスピーディーに彩色出来るように水、絵具の含みが良いコリンスキー14号を使用している。


坂田 融

◆筆   平筆(大、小)、面相筆 

◆絵具  sepia, french ultra marine, brown madder, cobalt violet, viridian, permanent rose (この6色で殆どの絵を描いています。)

◆その他 カッター、綿棒 (紙を削り取ったり、絵具を取り除くのによく使います。)

展覧会でよく質問を受けることを挙げてみました。

佐藤 亘

◆水彩は紙が一番大事だと思っています。FABRIANO ARTISTICO EXTRAWHITE ちょっと高いですが白の際立つ紙です。イタリアの紙幣は全てファブリアーノだそうです。さらっと描くにはAPOLLOのSUPERもいいです。

◆絵の具はNEWTONを使っていますが、色によってはHOLBEINの方がいいものもあります。

◆筆はROWNEYのコリンスキ-、HOLBEINのセーブルなど。

 



芝田陽一

◆スケッチブック
ストラスモア   F4   12枚   
ラングトン    F4    12枚  
ホワイト・ワトソン F4  15枚   
モンバルキャンソン F4  15枚

◆筆
ピカビア  コリンスキー  10号  
ピカビア  コリンスキー  8号

◆携帯椅子
折り畳みアルミ製  重量330g  ¥2940
折りたたんだ時の大きさ 350x236x44軽量で収納しやすく、ちいさい背もたれあり、疲れない

◆水入れ
四角い筒状の酒容器の転用  容積270ml  ¥300
四角い形状のため収納しやすく、プラスチック製ふたを外して筆洗いとして使える

◆スケッチ台
台所用品の転用、折り畳み式で軽量、収納容易、便利
    



渋谷たつお

◆用紙
アルシュ極細目 300g/㎡ 

◆絵の具
メインはW&N。 アーチストシリーズとコットマンシリーズ併用
 両者発色のイイトコ取りで使用。シュミンケホラダムも併用

◆筆
耐久性と命毛重視。こだわりで喜屋製削用=大及び中 。
喜屋製芳春=中 (芯はイタチ毛、羊毛でくるんであります)
杉山陽一

道具については結構こだわりがあります。

◆紙
紙は「ホワイトワトソン300g。」全紙で求めカットし、パネルに水張りして使用しています。一部、旅行では「F4ブロックを」利用します。(ホワイトワトソンのブロックは廻りの糊が弱いので水張り用テープで補強して使っています。一枚一枚剥がす時はカッターが必要ですが、、。)その他、アルシュ荒目300、アルシュ細目300も使います。それ以外の各紙も試しています。目の粗い紙が好みです。鉛筆のみのスケッチにはHOMO3号を使っています。(これも、メーカーが潰れて廃版になりそうです。)

◆絵の具
絵の具は数が少ないのが特徴です。カドミウムレモン、ネイプルスイエロー、パーマネントイエロー、カドミウムイエロー、カドミウムオレンジ、カドミウムレッド、パーマネントローズ、アリザリンクリムソン、フレンチウルトラマリン、コバルトブルー、プルッシャンブルー、セルリアンブルー、サップグリーン、イエローオーカー、バーントシェンナ-、計15色。最近ちょっと増えました。カドミウム系の色がなくなりそうなんで不安です。鮮やかな緑を作るカドミウムレモンに変る黄色と、カドミウムレッドに替わるオレンジ系の不透明色をさがしています。最近の赤はどちらかというと「紫系の透明な赤」が多いのでバーミリオン、カドミウムレッドは貴重なんですよね。メーカーはパーマネントイエロー、サップグリーン以外はニュートンです。

◆筆
これは結構特徴があります。丸筆、上松のコリンスキーセーブル(小、中)。ホルベインのブラックリセーブル6号(これはリス毛に人工の毛が混じった針金で結わいたタイプの筆です。水をタップリ含み、比較的先も効くので、天然のリス毛100%よりも使いやすいです。)平筆。平筆は日本画用の山羊毛刷毛。2センチ幅から、空刷毛(カラバケ)用6センチ幅まで数種使っています。

◆その他。
イーゼル。イーゼルはホルベイン社製の水平イーゼルを使っています。水をたっぷり使うので水平イーゼルは必携です。

棚町宣弘

◆絵の具
・キナクリドンゴールド(ウィンザー&ニュートン)
※銀杏の黄葉色として
・ローズ・ドーレ(ウィンザー&ニュートン)※花の色として
・グリニッシュイエロー(ホルべイン)※新緑の色として



羽佐間英二

◆パレット
・材質 超硬質アルミ合金
・サイズ 15mm×110mm×250mm
・重量 140g
・価格  3600円
・販売  銀座7丁目「月光荘」  花椿通り
・特徴  少々割高ですが軽くてとても丈夫です。潰れたり、
      上下が食い込んだりしません。14色のコマです。

◆携帯椅子
・材質 構造はアルミ、とキャンバス風の布地(イエローオーカー色)
・サイズ 20mm×350mm×520mm (たたんだ状態)
・重量  600g
・価格 定価4200円
・販売 文房堂(神田 三省堂裏)、伊東屋、絵具や三吉
     (横浜関内)・・・ここでは割引で3,780円)
・特徴 安定感があり腰に優しい感じです。丈夫です。
     折りたたみなので携帯に便利ですが、枠が少し
     大きいのが難点かもしれません(6号用のバッグ)

林 義弘

◆紙
Waterford、Langtonn、Fabriano、Lana吸い込みの調子で選んでいます

◆絵の具
Holbein,Windsor&Newton、Schmincke
Schminckeは、トランスルーセントオレンジがお好み

◆筆
腰の強いものが好きなので、高級なリス毛のものよりナイロン筆がメインです

◆イーゼル
三脚改造。荷物になるので、簡便スケッチには使いません。

◆鉛筆
LYRA REMBRANT Carbon 308/2
STAEDTLER MARS-LUMOGRPH 3B

平澤 薫

◆「白」について
参考書などでは「白」は「紙の白が最も美しい」と書いています。これは間違っていません。そのため通常は「マスキングインク」を推奨していますし、それを使って丁寧に紙の部分を残している方もいるでしょう。
ですから、今はマスキングインクを使いません。最初に白残しする部分(最も明るく表現したい部分)を決め、そこは最後まで手をつけないようにします。仮にそこを塗ってしまってもあまり気にしません。絵を固くしてしまわないためにはそれくらいの勢いが大切だと思うからです。その代わりに使っているのがこの「白」Breed Proof Whiteです。
 これの最も気に入った点は、今までの「白」の中でも「下の色が透けない」という点でした。これなら水彩絵の具と同様に使えて、紙の白とも違和感を感じないで使うことができるというわけです。もっとも多少違和感があっても、「様々な白があっても良いのではないか…」くらいには考えていますが…(笑)。
「白」で悩んでいる方はお試しあれ!お薦めします。
ちなみに私の紙は殆どがウォーターフォード・ホワイトです。
色味が欲しければ色を薄くその上に載せたりもします。あまりお薦めの使い方ではないようですが、他の色と混ぜて使うこともできます。
「白」で悩んでいる方は是非お試しあれ! お薦めします。

平野敬則

◆絵の具
「ホルベイン」(手に入りやすいこと、結構海外のプロからの評判も良いこと、
サップグリーンなどは、他のメーカーよりあざやかで、画面が明るくなることなどで薦めています)

◆用紙
「モンバルキャンソン」(安いが必要な機能はほとんど満たしていること
例えば、水をたっぷり使っても反らない、洗いも可能、最後に鉛筆で書いた部分を必要なだけ消せる、
食いつきの悪さがかえって、着彩した後でも剥がせる、発色はきれい、扱いやすい
等々、教室で使うのに最適です)

◆筆
「ラファエロ」(ちょっと高いが、水含み、柔らかさ、など最高。他の筆を使えなくなるほど、水彩に最適)

◆画材ではありませんが、私は教室でよくコラージュをやってもらっています。
コラージュは、画面構成を考えたり、単なる水彩では出てこない色や構図ができ、水彩を描くのにいろいろな発見があり、非常に有効だと考えます。

 


若松倫夫

◆電車に乗るときは、葉書大の紙と万年筆(プラチナ製#3776太、黒)を持ちます。車内の乗客スケッチは、1000枚を超えました。

◆水彩画用にボールペンでデッサンすることも多いです。ボールペンでも垂直に立てて筆圧をかけると太く、斜めにして筆圧を弱め、早く動かすと細い線も描けます。私は1.6mmのゼブラのノック式のTapliclipの極太をまとめ買いしています。

◆水彩絵の具は植物画講習用にはホルベイン、人物画には「まっち絵の具」のレインボーカラーを使っています。


2013/01/24