日本スケッチ画会(JSAA)会長・理事長 ご挨拶

 『日本スケッチ画会』は、水彩スケッチ画の新しいジャンルの向上を目指しつつ、絵を通じて美の創造と心の豊かさを育み、文化の発展向上に寄与することを目的として2002年に設立されました。「スケッチの線、紙の白地、透明水彩の爽やかさを生かし、簡便なF4サイズを基準とした新感覚の水彩スケッチ画」を、創立以来、画会のコンセプトとしてきました。
 絵を描くことによって人生を豊かに過ごしたいという多くの方々が、心惹かれる風景の中に身を委ね、簡便ながらも奥が深い、スピーディーに描く水彩スケッチ画の楽しみと感動を享受しています。私達は、そうした方々に対して生きる喜びを与え、微力ながらも社会に貢献しているのではないかと自負しております。
 現在、会員会友あわせて73名が画会を構成し、毎年9月に東京・京橋の『ギャラリーくぼた』で展覧会を行っておりますが、F4号に統一された爽やかな水彩スケッチ画の数々に、絵画愛好者の方々から大変な好評をいただいております。

会長
 五十嵐吉彦
理事長
 久納隆司
最新情報

          ~私たちはスケッチのマナーを守り、自然環境を大切にします~
   
   ① スケッチで払い筆をしない。 (布、ティッシュペーパーで処理をする)
   ② 使用した水は持ち帰る。 (トイレ等汚水の捨てられる場所で処理する)
   ③ 携帯椅子を使用する。 (地面に寝そべったり、公共ベンチを占拠しない)
   ④ 周りを汚さない。 (ゴミを出さない)
   ⑤ 通行人の迷惑にならない。

 


<ご注意>
このホームページに掲載されている作品には著作権が ありますので、無断使用は出来ません。

 

 

最新展覧会作品

最新の展覧会作品より1作品を選んで掲載しています

会員・会友プロフィール

会員・会友の絵画教室、所属している美術団体のご紹介

展覧会案内

会員・会友の個展・グループ展の開催予定を掲載しています